京都市の英語専門家庭教師

京都市の英語専門家庭教師「大学受験を通じて一生役立つ勉強を」

9月の高3駿台・ベネッセマーク模試に向けた準備を

こんにちは。

京都市で高校生対象の家庭教師を請け負う、一生 英悟(いっしょう えいご)です。

ほとんどの高校で夏休みが明けたかと思いますが、今回は高3生を対象として9月に実施される駿台・ベネッセマーク模試についてお話します。

  

受験前には必ず問題形式の確認を

9月の上旬に行われる駿台・ベネッセマーク模試は、推薦組を除くほぼすべての高3生が受験することになると思われます。

夏休みまでの勉強の成果を確認する絶好の機会です。

必ずしも点数のみのフィードバックとは限りませんが、どれだけのスコアを残せるかはやはり重要なポイントです

 

そこで、模試の前には必ずその形式を一覧しておくようにしましょう。

学校などで配布されない限り過去問題を直接見ることはできませんが、構成はセンター試験とほぼ同じです

前半に発音・アクセントと語い・文法知識を問う大問、後半にかけて読解中心の大問が続きます。

 

それらのうち、足止めを食らいやすい大問を確認しておくことも大切です。

センター試験は大学受験の基礎レベルという位置づけを受けていますが、高3生に実際どう見えているかがひとりひとり違うのはいうまでもありません。

大半の受験生にとって時間との勝負になる関門ですから、得点の妨げになりやすい大問は後半に解くことなども検討して良いでしょう。

 

夏期に手をつけた勉強の復習を

冒頭でも述べましたが、9月の駿台・ベネッセマーク模試は夏休みの成果を確認する良い機会です。

模試前にはやみくもに問題演習を行わず、夏期に手をつけた勉強の復習も入念に行いましょう。

記憶の曖昧だった単語や文法、設問の解答プロセスを読みこんだ読解など、改めて復習しておくのが有効ですよ。

 

上記は現状に合わせて行うべき

ここまで模試の問題と対策について述べはしましたが、これらの要不要は受験生ひとりひとり異なるということも付け加えておきます。

自身の目標校や受験勉強の進捗具合によって、模試の位置付けをはっきりとさせておくべきということです。

学校や予備校で皆一斉に模試を受けるからといって、一様に点数を競うべきかといえばそうではありません。

 

例えば、夏期から受験勉強を始めた高3生であれば、今はまだ文法の復習を行っている途中かもしれません。

そうであればいっそのこと文法知識を主に問われる大問2番に絞り、既習単元で学んだ内容が活かせているかの確認だけに徹する方が健全です

ある程度の目的も持たずに受験してしまうと、解けないことは明らかなのに散々なスコアを見て落胆する、悪循環を作り出してしまいます。

 

上記は一例ですが、模試の問題全体を相手とするか、一部の大問にのみ的を絞るかは事前にはっきりとさせておくべきでしょう。

受験に向けて一生懸命になると自分の立ち位置を見失ってしまう高3生が多くいますが、気合や精神論だけで結果は出ません。

周りとの差に気をとられず、自分の目標と現状に見合った課題を立ててみて下さいね。